アヒルちゃん 大好き!

アヒルちゃん 大好き!


ゴムまたはポリ塩化ビニル (PVC) で作られているアヒルの形をしたオモチャ『()』。

のの大事なおもちゃ「」や、毎年恒例テムズ川で開催のなどでも有名なアヒルちゃん。

最近では、の不動産会社であるが、地域創生・社会貢献事業の一環として「」の会場内にオランダの芸術家、作の全高10メートルほどの巨大のオブジェを展示したプロジェクト「 Project 2009」何かもご存知の人が多いんじゃないでしょうか?
ちなみにこの巨大アヒルちゃんは震災チャリティとして2011年10月22日〜30日までバラ園付近に展示されてました。

当サイトでは、そんなキュートなアヒルちゃん関連情報を掲載しています。


楽曲『』


『』のが「」()という歌を歌っている。この歌は1970年に作られ(当時の声優は)、同年9月にBillboard Hot 100の16位にランクインしている。後にがカバーした。

ちなみに1999年日本で発売した『 』のタイトルは「あひるちゃん」。

<歌詞>
you’re the one,
You make bathtime lots of fun,
I’m awfully fond of you
Vo-vo-dee-o!

, joy of joys,
When I squeeze you, you make noise,
you’re my very best friend it’s true

Oh, every day when I, make my way to the tubby
I find a little fellow who’s cute and yellow and chubby!
Rub-a-dub-dubby!

you’re so fine,
And I’m lucky that you’re mine.
, I’d love a whole pond of,
, I’m awfully fond of you!

Oh, every day when I, make my way to the tubby
I find a little fellow who’s cute and yellow and chubby!
Rub-a-dub-dubby!

you’re so fine,
And I’m lucky that you’re mine,
I’m awfully fond of you!


大航海

1992年1月29日、香港からシアトルに向かう途中の貨物船が悪天候に巻き込まれ、積荷であった中国製の約30,000個のが太平洋上に落下した。落下と同時に漂流し始めた達はそのまま潮流に乗って南下、3分の2がインドネシアやオーストラリア、さらに南米沿岸に漂着したが、残りの3分の1が南米から北米の大陸沿いに太平洋を北上。1年後にはアラスカに到達していることが確認され、さらに西へと進んだものが3年後には日本に漂着して太平洋をほぼ一周するに至った。そのうちの一部はベーリング海峡を抜けて北極海に入りその氷に閉じ込められたまま移動したと見られ、8年後の2000年に大西洋域に達した達が氷から離れて漂流を再開、2003年には北米大陸の北大西洋域で確認されるようになった。2007年英国タイムズ紙がこれを伝え、はイギリス・アイルランド沿岸に向かっていると報じた。

この大航海は海流学者、気象学者の注目を集め、世界の潮流の動きやそれが気象に及ぼす影響の研究に大いなる貢献をすると期待されている。現在では日焼けと海水により白く変色しているものの、コレクターの間では高価で取引をされ、また米国の調査会社によって報奨金も出されている。


Project 2009

Project 2009(プロジェクト2009)は、の不動産会社であるが、地域創生・社会貢献事業の一環として「」の会場内にオランダの芸術家、作の全高10メートルほどの巨大のオブジェを展示したプロジェクトのこと。

の会場に、全高9.5メートルの巨大なアヒルを展示した。ただし同イベントの公式プログラムではなく、が同社の社会貢献事業の一環として参加した。同イベントの公式ホームページでも「連携プログラム」と記載されている。同地には2009年(平成21年)8月22日から同年の9月27日まで展示されていた。

その後同年10月3日・4日にで行われる「」でも展示された。 アヒルちゃん、、等の呼び方をされる。

トラブル

2009年8月22日、の初日に出現したが、すぐに萎んでしまうトラブルが発生した。その後修理を行い同年9月5日より再登場している。

グッズ

巨大アヒルを模したお風呂のおもちゃ『』が会場と会場にて限定1500個販売された。

イベントの中盤シルバーウィーク前に完売し後にで少量につき価格が、高騰する。 社の製品で底面に手書きのシリアルナンバーと2009OSAKA,のサイン及びURLが、プリントされている。 同会場には、2種類のアヒルTシャツも子供用から大人用まで人気があり賑わっていた。